髪の広がりを抑える方法

髪が広がりまとまらず、湿気で膨らんでしまい、雨の日や梅雨の時期は憂鬱…という方は多いと思います。

どうせなら毎日まとまった髪でいたいですよね。そこで、広がりの主な原因とスタイリング方法をまとめました。

【広がりの原因】

1. 乾燥

髪のうるおいが減り乾燥してしまうと広がりやすくなります。髪も肌のようにしっかり保湿することが大切です。

髪を洗った後はアウトバストリートメントをつけ、ドライヤーは根元を一気に温風で乾かし、最後は冷風で仕上げましょう。

2. 髪の傷み・ダメージ

カラーリングやブリーチはもちろん、紫外線や摩擦でもダメージは蓄積されていきます。

髪の傷みでキューティクルが開き、うるおいが逃げることが広がりの原因に。

定期的にトリートメントで補修していきましょう。粗めのブラシであらかじめ髪の絡まりをほどいてから洗うのも効果的です。

広がりの原因は主に髪の乾燥やダメージ。

では、どのようにスタイリングしていけば広がりは抑えられるのでしょうか。

髪質別にまとめていきます。

http://www.zakkayadoor.com/

【スタイリング】

1. ヘアオイル+少し硬めのワックスで抑える

主に硬めの髪質の方におすすめです。

髪全体的にヘアオイルをなじませた後、少し硬めのワックスを手のひらに広げ髪の内側につくよう襟足から上に向かってつけていきましょう。

そのあと髪を撫で付けるように残りのワックスをつけ、セットしましょう。

ヘアオイルで乾燥を防ぎ、硬めのワックスで重みがつくことで広がりを抑えられます。

2. ヘアオイル+スプレー

主に柔らかい髪質の方におすすめです。

ヘアオイルを毛先中心につけ、ケープなどのスプレーで仕上げましょう。

毛先にオイルをつけることで重みが出て広がりが落ち着きます。

日頃のケアやスタイリングに気をつけるだけで広がりは格段に抑えられます。

綺麗にまとまった髪でお出かけに行きましょう!