肝斑、シミ、そしてほうれい線まで・・・。

40歳を過ぎ、子育ても一段落し、ようやく自分の顔を鏡で見る余裕が出てきました。子育てを言い訳に、化粧品もつけずに子供と寝落ちしてしまう事も多く、自分は肌トラブルは少ない。と言う根拠のない自信があり、肌に関しての記事やCM等気にも留めていませんでした。しかし、鏡に写る自分は、シミ、シワ、肝斑、ほうれい線・・・。ガックリ肩を落としたくなる状況です。

http://eastmadhack.org/

特に鼻の下に出来てしまった肝斑は髭の様にも見えるため、人と話をする時に、相手の目線が肝斑に向けられているようで落ち着かないです。皮膚科で治療をすればいいのですが、それなりの出費と時間を要する為、踏ん切りがついていません。コロナ禍でマスク生活なので肝斑が隠せるという点はありがたいです。

マスク生活になり、加えて気になるのがほうれい線です。マスクを着けていると口元が汗ばみ、蒸れてしまうので、マスクを外した時に化粧が落ち、ほうれい線がばっちりと目立ってしまうのです。マスク生活に慣れてしまったので、人前でマスクを外す行為は相手が自分の顔に対して、どう思っているかが気になり、とても恥ずかしく感じてしまいます。最近では鼻筋に新たなシミを発見してしまい。

手入れを怠ってきた事の後悔と、確実にやってきた老いに気持ちが沈んでしまいます。ある程度の年齢になったらそれなりにお金と時間をかけて手入れをしなければと痛感する毎日です。