炭水化物ダイエットの体への変化

炭水化物ダイエットをすることで様々な体の変化が起きます。

あらかじめ変化を把握しておくことで、安全にダイエットをしましょう。

1、便秘になる可能性がある。

炭水化物を減らすことで、たんぱく質と脂質の割合が大きくなります。

必然的に食物繊維の摂取量が減り、便秘になりやすくなります。

パエンナキュットは販売店で購入可能?

2、疲労を感じる。

体はグリコーゲンという形で炭水化物を貯蔵します。

このグリコーゲンは血流に簡単に流れ、脳のエネルギー源となります。

炭水化物を減らすことでグリコーゲンが減り、脳へのエネルギーが欠乏すると体が疲れていなくとも疲労を感じるようになります。

3、風邪のような症状が出る。

炭水化物を抜くと、頭痛・吐き気・消耗などの風邪のような症状が現れます。

これは水を補給することで改善することができます。

1日に2リットルの水を飲み、改善されないようであれば食事バランスを見直してみましょう。

4、糖分が欲しくなる。

炭水化物は分解され糖分となります。

糖分の摂取には中毒性があり、薬物乱用と近い部分が多くあると調査でも分かっています。

ただ、体は環境に適応するので一定の継続をすることができれば糖分への欲求はなくなっていきます。

4つの変化をまとめましたが、それぞれに対策があります。

適切に対処し、安全なダイエットをしましょう。