歯科矯正をしている人の口臭対策

私自身、現在ワイヤーの歯科矯正をしていますが、歯磨きをしづらい事もありしっかりとケアをしないとすぐ臭くなります。

そのため歯科矯正をしている人の口臭対策を記述していきます。

※そもそも歯科矯正をしていると口臭がひどくなる原因

①歯磨きがしづらい

→口の中に歯列矯正の器具があると、歯磨きをしても歯と器具の間に食べかすが残ってしまいます。

その汚れがずっと残っていると、口が臭くなる原因になります。

②口が閉じにくい

→歯列矯正を行う際に、噛み合わせを緩くする場合があります。

その場合、口が開きっぱなしなので、口の中が乾燥しやすいです。

口の中が乾燥すると、細菌が増えて口が臭くなる原因になります。

③口の中が炎症を起こす

→ワイヤーの歯列矯正をしていると、器具によって口の中が傷つけられる場合があります。

それによって、口内炎ができたり、歯茎の炎症が起きたりする可能性があります。

これらの炎症から悪臭が発生することで、口が臭くなってしまいます。

http://www.vinicoladelnordest.com/

※歯列矯正での口臭の対処法

①歯磨きの仕方に気をつける

→いつも通りの歯磨きをしていると、食べかすが残ってしまいます。

したがって、歯列矯正をしているときは、食後すぐに歯磨きすることをおすすめします。

なるべく口の中に汚れをためておかないことが重要です。

また、歯列矯正中は、矯正専用の歯ブラシを使うこともおすすめします。

通常の歯ブラシに比べて、歯磨きがしやすいというメリットがあります。

②洗口液でうがいをする

→歯磨きに気をつけていても、通常よりは汚れがたまりやすいです。

したがって、洗口液でうがいをすることをおすすめします。

食後に歯磨きだけではなく、うがいも合わせてするとよいでしょう。

③歯列矯正のクリーニングをしてもらう

→大体の方が月に1回ワイヤーの調整があるのでその時にクリーニングをしてもらいますね。

その際に矯正歯科で綺麗にしてもらいましょう。

まとめ

個人的に1番思うことは、矯正しているとしてない時に1番違うのがご飯の後つまりやすいといった所。

外食するときやお酒を飲んだ後はなかなか続けづらいかと思いますが、常々意識することが大事かと思います。