よく噛んで肥満の予防に!

食事を食べるスピードが速い「速食い」の人の多くは、肥満や肥満で悩んでいる傾向があります。

スララインの口コミ&効果は?

食事を摂取すると、血液中のブドウ糖の量が増加し、血糖値が上昇します。

脳の視床下部にある満腹中枢が血糖値の上昇を感知し、「もう食べる必要がない」と満腹感を知らせてくれます。

しかし、満腹感を知らせてくれるまで15分ほどかかるため、満腹を感じる前に食べる量が多くなりがちな「速食い」の人は、食べ過ぎてしまいます。 食べ過ぎないためには、15分以上かけて食事することが大切です。

基礎代謝も年齢とともに低下するため、肥満になりやすいです。 若いうちからよく噛んで食べることを意識しておけば、老いてから肥満予防につながります。

「速食い」の人は、肥満だけではなく、2型糖尿病のリスクも高まります。

「速食い」によって血糖値が上昇しやすくなると、短時間で必要なインスリンを分泌しなければならなくなった膵臓に負担がかかり疲弊しやすくなります。 その結果、分泌量の減少や、分泌されたインスリンが十分機能せず、血糖値のコントロールができなくなります。

ゆっくり食事を食べる人は肥満や、2型糖尿病、心臓病、脳卒中などの危険が高まるメタボリックシンドロームを発症する可能性が低いです。

ゆっくり食べるためにひと口30回以上噛むことが推奨されています。 より多く噛むことを意識する工夫をし、回数を増やしましょう。

ひと口の量を減らすと、噛む回数が増えます。

時間に追われていると、つい「速食い」になりがちなため、食事の時間をゆっくりとると、噛む回数が増えます。

いきなりひと口30回以上噛むことは大変なため、慣れてきたら5回ずつ増やしていくなど、少しずつ増やしていきましょう。

みじん切りや千切りではなく乱切りなど、食材を大きめのひと口大に切ると、自然に噛む回数が増えます。

根菜類のごぼうやれんこん、海藻類のきのこやこんにゃく、ナッツ類のアーモンドやくるみなど、副菜に食物繊維が豊富な噛み応えのある食品を取り入れましょう。 野菜や肉を硬めに仕上げるなどの調理の工夫も効果があります。

肥満が予防できる よく噛むことは費用もかからず、すぐ始められます。 また、よく?むことは肥満の人が挑戦するダイエットの最も簡単な方法かもしれません。

一緒に食事する家族や仲間たちよりも早く食べ終わることがないか確認し、よく噛んで食べることを意識した食事を心がけましょう。